読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

O-Lab +Ossan Laboratory+

Ossanの研究所です。

2013/10/03(木)「がんばろう東北デー」において、優希美青さんが福島県南相馬市出身である事を明言してたよ。

優希美青

とりあえず、仙台まで喜び勇んで出かけて行って、
るんるん気分でスキップしながら帰宅した、
ガチガチの優希美青ファンである私のほうからご報告だけしておきます。


未だに出身地偽装だ何だとタイトルに書いてブログへのPVを稼いでたり、
twitterに書いてRetweetもらって喜んでるような嫌な奴らが山のようにいるので。


さて、本題。
2013/10/03(木)に優希美青さんが日本製紙クリネックススタジアム宮城での、
東北楽天ゴールデンイーグルス千葉ロッテマリーンズ戦にて
始球式を行った事は色々と報道に出てましたけども、
その始球式の前にスタジアム前のステージで行われたイベントにも出演してました。


で、そのイベントには、ドラマ「あまちゃん」で
小野寺薫子役で出演した際に着ていた、牛ちゃんの衣装で登場。


サンドウィッチマンさんとのトークの中で、
出身地の話に至った際に「福島県の南相馬市出身です」と答えておりました。
私が知る限り、多くの方々がいらっしゃるイベントにおいて、
市名までコメントしたのは初めてのケースだと思います。


サンドウィッチマンさんとのトークで、
「仙台は来た事あるの?」と訊かれて、
「仙台駅には小学生の頃にお父さんと良く来た事があって、
 駅の周りをうろうろしたり、ぱたぱた走り回ってました。」
との話もしてましたね。


生まれ育った故郷である福島県南相馬市と、
震災後に受け入れてくれた山形の2つの故郷を持って、
彼女は前へ進んで行くための、1つの区切りが、
この日に出来上がったのではないでしょうか?

「地元」とか「故郷」だとか。

「地元」なのか「故郷」なのか、
そういうのが複数あるのは別に悪い事じゃない。


私は子供の頃に親の仕事の都合による転校が複数回あったので、
「地元」だか「故郷」だかは3つある。3つだ。
小学2年までの「地元」とその後に中学1年までいた「地元」、
中学2年以降にいた「地元」は全て違う。


小学2年生のクリスマスの夜に「地元」が変わったのが初めての転校だった。
引越業者が持って来たダンボールの山の中で寝て、目覚めたら枕元に、
「お友達を1から作らないといけないだろうけど、頑張ってね」と、
サンタさんからのお手紙とプレゼントが置かれていたのだった。


世の中にはその回数がもっとある人もいる。
国が変わった人もいる。今はそんな時代だ。