読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

O-Lab +Ossan Laboratory+

Ossanの研究所です。

「能年玲奈」さんの「のん」さんへの改名が妥当な「作業」であるという話。

駄文

f:id:dbfireball:20160715020211j:plain
能年玲奈さんが「のん」さんへ改名する、という話、
新しい芸名への印象は皆様それぞれあるだろうけども、
次へ活動のコマを進める上では妥当な「作業」と感じる。

円満退社でも改名するケースが増えている。

何か過去に判例でもあるのかもしれないが、
近年は円満退社であっても芸名を変える事が意外と多い。


芸能人が持っている知名度は名前、芸名と紐付いているわけです。


事務所を出た後も同じものを使うのは、
それまでに所属していた事務所が以前に投じた、
経営資源にフリーライドする側面が少なからずあるので、
円満退社でも礼儀として改名するケースがある、という事。


他、以前はグラビアアイドルやモデルやアイドルをしていたが、
女優に転向したいから、その分野を得意とする事務所へ移籍します、
円満に退社しました、というようなケースでも
以前のイメージを切り離したいので改名しますというパターン。

能年玲奈さんが過去を切り離したいかもしれない。

前の事務所が同じ名前の継続使用に難色を示した、
という可能性も比較的高いように感じるけども、
実のところ、能年玲奈さん側が、
能年玲奈」を一旦使うのを止めたいと考えてるかもしれない。


能年玲奈さんの場合は、名前で検索したら、
「洗脳」とか単語が出てくるわけで、
改名すれば、それら情報とある程度は切り離しが出来るわけです。


他、前の事務所がどう思ってるかは置いても、
「同じ名前ではやらないよ」と宣言すれば、
前の事務所が再び絡んでくる可能性は劇的に低くなるでしょう。


文句言われる前に、文句言われないようにしてしまえ、
という事ですね。

一旦「能年玲奈」から離れておけば、再び戻すハードルが下がる。

何回も事務所を移籍する人の中には、
「本名」→「芸名」→「本名」→「芸名」って形で、
間に別名期間を挟んで、それぞれの事務所が
文句を言いにくくするような形にする人もいます。


前のその前の事務所が「同じ活動名を使うな」と、
言ってくる可能性はかなり低いからです。
マネーロンダリングのようなもんです。


能年玲奈さんは、再び別事務所へ移籍する前の処置として、
「のん」という芸名を挟んできたのかもしれません。


どちらにしろ、今の段階で「のん」という芸名の問題点は、
「検索でひっかかりにくい!」という事でしょうか。
ただ、これも活動を継続していれば、
時間が問題を解決してくれるかもしれませんね。


私はそんな「のん」さんの活動を応援しています。
(ひと昔のCM風で締め)