読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

O-Lab +Ossan Laboratory+

Ossanの研究所です。

映画「シン・ゴジラ」はかなりの良作。エヴァ実写化への布石か?そしてエンディングの「ゴジラ」。

f:id:dbfireball:20160730034547j:plain
観た人は少なくとも「ダメな映画だった」とは言わないだろう。
良質になるように極めて丁寧に作られている。


登場人物のプライベートが一切描かれず
「公務」に専念しているシーンのみで人物を描き続けるという割り切りは、
「プライベートが描かれていないので登場人物のリアリティがうんぬん」
という、ありがちな映画評論がいかに薄っぺらかが良く分かる。


アメリカのハリウッド(笑)が作ったら、
プライベートは絶対入ってくるだろうけどね。


なので、ハリウッド版のゴジラを作った人らが、
今回の作品を見たら衝撃を受けるのではないだろうか。


SFにありがちな「なんか凄い兵器」が登場する、ってのもなく
現在の世の中に存在するモノと兵器をかき集めた感じと、
ゴジラが登場しちゃう世の中だったら、この程度のモノは作れるよな」
の無難で地味な最終兵器で物語は「とりあえず事件が収束する」という、
劇的でもなんでもないエンディングを迎える。


それにしても、ゴジラが「とうとう火を吹いた」時の、
なんとも言えない、切なく悲しい雰囲気はなんだろうか。


私自身がSFはあまり好きではないので、
おすすめする事はないが、観てみようかな?と思ってる人には
「悪くない映画だから損はしないので良い選択だと思う」
と、お伝えしたいところです。

このまんま、エヴァの実写化できそうだよね。

一緒に観た友人の感想だけど、
エヴァの実写化がある程度目処がついたのではないか」
というのが、シン・ゴジラを観た感想だった。


そうねぇ、いつかはそのつもりなんだろうな。

エンディングのゴジラ

観た人によって感想は異なるだろうけども、
最後にゴジラの体の一部がクローズアップされる。


そこには「人の形」があったんだが、
作品前半で行方不明になった人物がゴジラの元?
という示唆なんだろうか。

それにしても、さとみちゃんの役。。。

もっと他に何か良い役はなかったんでしょうか。。。(泣)