読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

O-Lab +Ossan Laboratory+

Ossanの研究所です。

ひょっとしたら「唯月ふうかのピーターパン」は今年で最後かもしれない。

唯月ふうか

新幹線の中が暇なので駄文を。

知り合いヲタと話してた中で「今年で唯月ふうかさんのピーターパンは最後かもしれない」という話が出た。いや、何となくは予感はあるんだが、知り合いに指摘されたときは全力で否定はした。

「代わるにはまだ早すぎる」と。少なくともホリプロの看板になるにはあと2年はやるべきだと。俺の意見としては、だが。

 

しかしながら、来年に出演が予定されている「レ・ミゼラブル」の終盤スケジュールがモロに「ピーターパン」がPRイベントやら稽古を積み重ねていく時期と丸かぶりなのである。

 

ただ「レ・ミゼラブル」における唯月ふうかさんの役は3人がキャスティングされていて、スケジュール調整はある程度は可能だろう、という感触はある。が、しかしながらだ。

 

レ・ミゼラブル」で成功すれば別の領域への可能性も広がる事を考えると「ピーターパン」はもう卒業してしまっても良いかもしれない、とすら思える。

 

ここ数年「ピーターパン」は公演回数も場所もどんどん縮小され、今年の大阪公演に至ってはたった1日だけ、昼と夜の2回公演しかない。神奈川公演が以前はあった事など、もはや記憶の彼方に消え去ってしまった。

 

「ピーターパン」東京公演の千秋楽、ホリプロの社長が唯月ふうかさんのマネージャーと共に観客席にいたという。「これが唯月ふうかピーターパンの最後かもしれない」と予感しての観覧だったのかもしれない。

 

ただ、それでも、あと1回は「ピーターパン」に出てくれないかな、と思う。まだ彼女が「活動の軸」と言える「ピーターパン」から離れるには早いのではないか、とも思うのだ。

 

「ピーターパン」をダブルキャストにして、次の新人へのバトンタッチをスムーズにする方法も含めて、ホリプロには早めの検討を求めたいところではある。