読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

O-Lab +Ossan Laboratory+

Ossanの研究所です。

第41回(2016年)ホリプロタレントスカウトキャラバン。勝手に俺的に採用して欲しい方のリスト。

f:id:dbfireball:20160911033818p:plain
ファイナリストが9/7(水)にNEXTSTAR番組内で発表されました。


今年は例年と比べて人数が若干少なく、9名となりました。
熱海で行われた合宿に18名という異例の大量投入を行った後、
その合宿時に一気に半分に絞り込む、という形が取られました。


今年のテーマは「PURE GIRL」となっていて、
深田恭子さん、石原さとみさんを輩出したオーディション時と
同じテーマを適用したのもあって「すごい子を見つけたい!」
というホリプロ側の意気込みを感じさせます。


それと同時に、以前から私も指摘している、
10代の女優がホリプロでは不足しているという問題。
その組織的な芸能事務所としてのラインナップ上の問題に、
オーディションを通して積極的に対応しよう、という、
比較的重い課題解決も同時に課せられています。


この「重い課題」は、これ以前のオーディションから
ちゃんと計画的に採用しておくべきだったやろ!と、
ツッコミを入れたいところですが、
「別にやりたい事を見つけて辞めてしまうかも」とか、
「地元を離れて仕事をさせる際に不安がある」とか、
若さゆえの不安定要素を同時に抱え込む問題もあって、
なかなか難しいよなあと思うところです。


要するに、若い子の採用は
可能性も大きければ、不安も大きい、わけです。

合宿で選考が行われる、厳しさ。

今年の応募要件が、

年齢:満10歳~16歳(2016年9月30日の時点)

というのもあって、これまでのTSCと同様の選考方法では、
「素材」としての良さや伸び代の有無の確認が
非常に難しいだろうな、と感じていました。
その難題への回答が、合宿に応募者を多めに招いて、
「やってみて!」という形でチャンスを与えたのは面白いなと思った次第。


ただ、18名を呼んで、9名に絞る、
というのは、非常に厳しい選考だったなと感じます。
それは、応募した子たちにとっても、
選考したスタッフの方々にとっても、という意味で。


しかしながら、この方式は来年以降の今後のTSC
スタンダードになるかもしれません。
できる限り多くの子に実際にやらせてみて、
何がどこまで出来るかを実際に見てみる今年の方式は、
非常に理にかなっていて今後のTSCの選考方法の転換点になり得ると感じます。

さて、ファイナリスト。

以下、ファイナリストさんのリスト。50音順。

大道 美羽(おおみち みう)12歳小6 152cm 岩手県
纐纈 萌々華(こうけつ ももか)16歳高2 158cm 岐阜県
瑞慶覧 花音(ずけらん かのん)11歳小5 152cm 東京都
田中 莉紗子(たなか りさこ)14歳中3 152cm 広島県
田幡 妃菜(たばた ひな)11歳小6 145cm 埼玉県
三浦 星(みうら あかり)15歳中3 163cm 山形県
三浦 理奈(みうら りな)12歳中1 156cm 滋賀県
村田 美海(むらた みう)11歳小5 135cm 埼玉県
柳田 咲良(やなぎだ さくら)12歳小6 147cm 栃木県

f:id:dbfireball:20160911042203j:plain
https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/dbfireball/20160911/20160911042203_original.jpg


年齢
11歳 3名
12歳 3名
14歳 1名
15歳 1名
16歳 1名


学年に分けたほうが良いかも、と思ったので学年。
小5 2名
小6 3名
中1 1名
中3 2名
高2 1名


小学生から高校生という幅の広さになっております。

動画を見たけど。

なんか、みなさん全体的にしゃべりがモゴモゴしてて、もったいないなぁと。
間違えても良いし、噛んでも良いから、口を動かして!って。


あと、グランプリ取る!って思いが伝わってくるのが、
小学生のほうが凄い強い、っていう。
中学生、高校生、は意志の強さが伝わるようにして欲しいかな。。。

「採用して欲しい人」のリスト。

今年もここに書くのは「グランプリ予想」じゃなくて
私がざっと見て「採用して欲しい人」のリストです。

  • グランプリ(俺の希望)村田 美海

最年少ですが、めちゃくちゃルックスが良い。
グランプリじゃなくても絶対採っておかないともったいない!
という感じです。
特技はこれと言ってない。が、絶対グランプリ取ってやる!
と、これっぽっちも遠慮しないのは年齢がなせる技とは思いますが、
それにしても、溢れ出る輝きと「できるもん!わたし!」という、
怖いもの知らずのところは、いやぁ、良いなぁと思います。


合宿時のファイナリスト発表時に「うっひょ!通った〜!」
って、表情をしてたのが、うん、良いな。と。


ただ、年齢的に、希望いっぱい夢いっぱい、
不安もそれ以上にすごいいっぱい!
というのがスタッフ側の本音でしょう。


彼女をグランプリに選ぶには、さらに1つ、大きな条件が必要です。
それは、審査員が「強心臓なギャンブラー」じゃなきゃダメだ、
という事でしょうか。

  • 審査員特別賞的なモノ(俺の希望)三浦 理奈

表情が乏しい。ただ、それを補うだけのルックスの「原石」感がある。
顔の形状が綺麗系にも可愛い系にもメイク次第で変化させられそうな、
そういう多様性を感じるので、ルックスは1番伸び代がありそう。


それと、女優っぽいんだよね、雰囲気が。
決選でどういう表情を見せるか、で、この子は全てが決まりそう。
いろんな表情を見せられればグランプリ、ダメなら何もなし。
そういうポジションな感じ。

  • 審査員特別賞的なモノ(俺の希望)田中 莉紗子

笑顔があまり上手ではないなぁと感じるのですが、
それでも可愛らしい雰囲気が無くならないという不思議な特徴を持っている。
喋りが硬いのと、笑顔が上手になれば。。。と。

  • 番外編。瑞慶覧 花音

この子、アイドル向きっぽいんだよなぁ。
2部のほうで引き取ってはいかがでしょう?
若いし、良い原石だと思う。



というわけで、2016年TSCの決選大会は、9/19(月祝)です。
どの子がグランプリになるでしょうか。