読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

O-Lab +Ossan Laboratory+

Ossanの研究所です。

09/25(日)栞菜智世さんライブ@渋谷gee-ge

栞菜智世

f:id:dbfireball:20160926085705j:image

久々のライブレポ。

栞菜智世さんが小規模なライブイベントに武者修行のようにちょくちょく出てるのはtwitterやらのライブイベント告知の出演者一覧で知ってたのだが、ようやっと直接見られる機会に恵まれた。

 

そもそも、これまでのライブ出演はほとんどが平日夜出演でしかもオープニングアクトが多かったものだから、ライブイベントが始まって30分もしないうちにもう出演は終わる、そんな感じだったもんで仕事終わりで駆けつけても間に合わなかったのだw

 

今回もオープニングアクトアクトかと思いきや、全出演者の真ん中で「ショートアクト」としての出演でした。他の出演者を見ることが出来たのも俺には収穫。

 

以下、今回のセットリスト。

  • Hear ~信じあえた証~
  • After the rain
  • Blue Star

 

それぞれの曲の間にMC。

「あんまりまだライブも慣れてなくて、こうしてお客さんがこんなに近くで座ってらっしゃる場所で歌うことに凄く緊張してます。。。」

みたいなお話。MCの間はずっと髪をかきあげたり、マイクを何度も持ち替えたりしてて、本当に凄く緊張してた感じw

でも、お客さんのほうを真っ直ぐ見て、話をする姿勢は見てて良いなぁと思いました。

 

「Blue Star」を歌う前のMCは、

「同じことを何度も注意されてるのに出来なかったりとか、自分ってこんなに何も出来ない人間だったのか、と思い知らされることが多くて、その中でどうやっていくか考えながら、悩みながら進んでいく、今の私をそのまま歌詞にして頂いた曲です。」

といった感じで、曲の説明も自分の事もちゃんと話を出来る感じ。

 

歌自体はホリプロタレントスカウトキャラバンの頃から変わらない、超絶な安定感で聴く側を引きつける能力は相変わらずとても高いなと。

ただ、オーディションの頃から指摘されていた、感情を載せるのがあまり上手じゃない点はまた改善の余地がありそうに思いました。パワフルに歌う事が出来るのは長所なのですが、弱々しい雰囲気を出すあたりでも、どうしてもパワフルになってしまうのは、彼女の特性として、すっぱり諦めて彼女の長所が生きる楽曲を歌わせるように割り切るのもアリではないかと思いました。

 

その点、ドラマ主題歌に採用される次の新曲は明るく前向きな楽曲で、彼女の長所が存分に生きるのではないかと、とても期待しています。

 

次のライブ予定は、Girls Award、10/08(土)です。

会場に行かれる方は是非とも彼女に注目してあげてくださいませ。