読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

O-Lab +Ossan Laboratory+

Ossanの研究所です。

2017/03/04(土)土屋太鳳さん初主演作「果てぬ村のミナ」の上映会をしましたので、ご報告とか色々。

土屋太鳳

昨日になりますが、2017/03/04(土)に東京新橋にて、
土屋太鳳さんの初主演作品「果てぬ村のミナ」上映会を開催しました。
f:id:dbfireball:20170203092743j:plain
f:id:dbfireball:20170305231402j:plain
f:id:dbfireball:20170305231432j:plain


ご参加頂きました皆様、本当にありがとうございました。
私1人では作り上げられない素敵な時間になったと思っています。
来てくださった方々が皆さん良い方ばかりで、、、色々と安心しました。
ぶっちゃけ、当日まで「どんな人が来るんだろう。。。」って、ドキドキ不安でしたw


上映会告知は以下のような感じでした。
ossan.hatenablog.com


会場は過去に刈谷友衣子さんオレオレ上映会をやったことがある、
東京新橋の「TCC試写室」です。
結構良い席と良いスクリーンでちゃんと作品が楽しめる素敵な場所。
f:id:dbfireball:20170305231119j:plain


当日までにキャンセルが数名出まして、結果的には私を含めて8名での上映会となりました。
前回の刈谷友衣子さんオレオレ上映会より参加者が倍増や!上出来やで!!

上映会開催の経緯。

俺が「果てぬ村のミナ」をスクリーンで見たかったから。以上。

「果てぬ村のミナ」上映用ディスクを借りました。

f:id:dbfireball:20170305231219j:plain
「果てぬ村のミナ」で検索すると「映画「果てぬ村のミナ」製作上映委員会事務局」というサイトが見つかりますので、そこから「上映会をやりたいと思ってるのですが。。。」とお問い合わせをさせて頂きました。


今回のディスクレンタル料金は非公表です。
開催規模によって変動すると考えてくださったほうが良いと思います。
私は今回のレンタル費用は、多少は今後の展開にご活用いただける金額になれば。。。
とか思ってましたが、多分、活動の足しにもならないような少額でございました。
この辺りは、私個人開催の限界ですねぇ。。。


私個人も信用があるわけではないので、どういう規模で開催しようと思っているのか、
あたりは詳細を書いて、レンタルお願いをさせて頂いた感じです。


レンタルして頂くディスクはブルーレイディスクです。
発売されたDVDよりも画質が良い上映会用のディスクになります。
映像としては非常に貴重なものなのですよ。

「果てぬ村のミナ」の評価、感想。

上映会参加者の方のほとんどが初めてご覧になった方々だったのですが、皆さん良い作品だと気に入ってくださってた感じです。
私は相変わらずすぐに泣く(笑)ので、上映中に見ながら泣いてました。


やっぱり、神菜(ミナ)ちゃん、かわいそうや、せつないわ。。。
あああああああああああああああああああ!みたいな感じですかね。
(感想が雑すぎる)


再び故郷へ戻ってくる彼女が、戻ってくるまでの間にどこでどう生きたのか。。。
とか考えると、もうね、切なすぎてね。。。
個人的には土屋太鳳さんが出演されてる作品の中でも上位になる良作だと思っていて、太鳳さんファンの方々には今後も機会があったら是非とも見て頂きたいし、むしろ他にも誰かが上映会を企画して欲しい勢いです。

この作品の置かれてる状況とか「俺に続いて、誰か動いて欲しいなぁ!」とか、いろいろ。

太鳳さんのファンの方のほとんどが見たことがない作品なわけですが。
地方活性化を目的として作られた作品としては、非常に珍しいと言っても良いくらいに出演されてる俳優の方々が有名な方ばかりで、ストーリー自体も、映像も手を抜かれたところはほぼないと言って良い良作です。


「果てぬ村のミナ」の全国展開も現状「映画「果てぬ村のミナ」事務局」側のほうから、すぐに何かを行うというのはとても難しい状況なのは、誰もが感じるところだと思います。


こうなってくると太鳳さんファンが各地で自主的に動いて上映していくしかないかなと。
上映会自体は難しいことではありません。
予算を決めて、上映会会場を決めて、ディスクを借して頂く打診をする。


しかし、まぁ、ぶっちゃけ面倒くさいです。
私は変わり者であるので、ほぼ費用全額を個人負担でやりましたが、そこまでやる人もなかなかいないでしょう。
ファン同士が集まって「これくらいの金額なら出せる!」って感じで動かしていくほうが良いかもしれません。
それでも結局のところ、上映会開催への情熱がある人が必要になるのですが。。。


以前に行われていた上映会は、太鳳さんファンによるものはほとんどなかったと思います。
ここを境に再び「果てぬ村のミナ」という作品を多くのファンに届けるために動かしていくには、もはや太鳳さんファンが動く以外に道はないのではないだろうか?とも思うのです。


求む、情熱を持った土屋太鳳ファン!
というところでしょうか。