読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

O-Lab +Ossan Laboratory+

Ossanの研究所です。

新曲「明晰夢マドンナ」が超良いんだけど、結局俺は、南波志帆に「ど真ん中のPOPS」を歌って欲しかっただけかもしれない。

明晰夢マドンナ」めちゃくちゃ良いっす。


南波志帆ヲタを辞めたんじゃねーのか、あんたは。
とか、どこぞの方向から殺人的なヤジが飛んで来そうな予感もありますが、
良いモノは良いのです。「明晰夢マドンナ」非常に良い。


MVも凄く良く出来てて、あぁ、こういうのが欲しかったんだよな、
南波志帆には、POPS歌ってて欲しかったんだな、とか、
今更になって気づいて新曲のMVをリピートしまくって夜明けを迎えたのだった。



前作の「ガールズ・レテル・トーク」は音楽的に悪くねーんだけども、
南波志帆を使って、こんな低い音を歌わせおって!アホか!!
とか思ってました。すみません、正直、アレはないと今も思っておます。


おます。


タルトタタンのメンバーが低い音しか出ないんで、
それに合わせるとこうするしかなかったんで、すみません、
的な(てきなーてきなー)コトだったのか、
カローラとポルシェを並走させて「ナイスコンビ!」
とか言ってるような、くらいの違和感で、
カローラは名車だけどね)ちょっと勘弁してくれよ、
これじゃねーよぉ、とか思ってまして。


こんな楽曲をリリースしなきゃならないって、
南波志帆ももう終わりかな、くらいに思ってましたが、
(disりまくり。楽曲作った人には罪はないとも思う。
 タルトタタンのメンバーの音域が低過ぎたんだよ、うん。)
明晰夢マドンナ」が超良くてですね。


南波志帆と一緒に歌う相手の選び方とか難しいんだな、
とか改めて思ってしまったわけです。
南波志帆がピンで歌ってるのが、こんな感じであまりに良いと、
あーもうピンで歌わなきゃダメですわ、この方は、と思ってしまう。


組めない。誰とも。
彼女は1人で走って初めて威力があるんだな、と。


もしくは、かなり慎重に相手を選ばなきゃならない。
慎重に選んだとしても、うまく行くかどうかもハードル高め。
ってなところでしょうか。


というわけで、良い曲だと思います。
まだ聴いてない方は是非。