読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

O-Lab +Ossan Laboratory+

Ossanの研究所です。

「ちはやふる」上の句と下の句を一気見をした感想。

f:id:dbfireball:20160529221946j:plain


ヒューマントラストシネマ渋谷で、
ちはやふる」上の句と下の句を一気に見れるので、
世間から3ヶ月くらい遅れてる感がありましたが、
行ってきました。


感想は単純に
「くっそ!広瀬すずちゃん可愛いな、この!!」
が一番です。(ダメダメな感想


とは言え、いろんなエピソードが上手く入ってるし、
何も破綻してないし、各登場人物がそこにいる理由も、
説明臭いのもなく、何となく伝わってくるし、
こんなに上手く出来るのに、他の日本映画はなぜに
あんなに上手く出来てないんだろうか?と思ってしまう。


上の句、下の句、と分かれてるからこそ出来たのかもしれないけど。


まぁ、でも一つ思ったのは、
恋愛模様を軸にしちゃったらダメ作品に
なりがちなんだろうな、という事だろうか。


恋愛模様がエッセンス程度に収められないような、
青春ものは結構厳しいストーリーになっちゃうんだろう、
とか思ったり。


スピンオフで別エピソードを作れそうな、
出来の良さは近年の青春もの映画の中では、
極めて珍しいんじゃないでしょうか。


あと、CGで作られた上の句オープニング、
下の句のエンディング、すげぇ好きです。


あと、すずちゃんが着てるお着物、良い。


映画『ちはやふる』オリジナル・サウンドトラック

映画『ちはやふる』オリジナル・サウンドトラック