O-Lab +Ossan Laboratory+

Ossanの研究所です。

国を「ジャイアン」に見立てて、それの「スネオ」になろうと頑張りながら是枝監督批判をするの、そっちのほうがかっこ悪いしズレてるのでは。

ジャイアンの前にいるスネオと同じ感じにしか見えないんだよなぁ。
toriid.hatenablog.com
toriid.hatenablog.com


俺は是枝監督が出演、登壇するイベントとかに行ったことがあるけども、監督が「公権力と距離を置く」と言ったことを

お金貰ってる人に対して「距離を保つ」とか失礼ですよね?しかも国からのお金って俺らのお金じゃん。つまり俺らから距離を保ちたいんだろ?この人。

とは解釈しないけどねぇ。


監督は相変わらず俺みたいな映画好きと会える事を喜んでくれるだろうし、俺もまたお会いできる日が来たら嬉しいな、としか思わないけどね。


話を戻すと、まるで「スネオ」なんだよね、この人の文章。
「国(ジャイアン)に逆らうと痛い目にあっちゃうぞ!」って書きたいだけ、っていう。
ジャイアンのび太をやっつけちゃえよ!!」みたいな。
ただそれだけですよね?


私は大人です、みたいなことを書いてるけど、子どもだなぁと。


そもそも優先順位の概念がおかしい。


だって、国民と国の関係の理想形ってのはさ、日本はとりあえずは国民主権、なので、
「国民がやりたいことをする(こっちが優先)」←「国民が税を納めて運用されてる国が国民の活動サポートをする」
っていう形じゃないですか?


文化庁もダンマリを決め込んでるのは、変に発言とかして「プロパガンダに利用しようとしてる!」とかなっちゃう事への警戒があるわけで。
そういう意味では文化庁の中の人ら、めっちゃしっかり運用してると思いますよ。
ちゃんと文化庁の中の人たち、黙ってるの偉いなぁって、俺は思いますけどね。


スネオにしか見えない方の文章、完全にその形をぶっ壊す話しかしてないんですよね。
国に国民が従うのが理想形、って、完全に書いてないにしても、頭の中にその形状があるわけですよね。
じゃなきゃ、あんな文章出てこないでしょうに。


そりゃ、何度ブログを書いたところで「まともに国民主権を理解してる他の人ら」と「理解してないこの方」とでは、永遠に話が合わないと思いますよ。

「恋は雨上がりのように」と「万引き家族」で映画を見てもいないのに妄想でデマを流したモノ側が一人勝ちするようになってしまった。

なんだかなぁと思う。
映画を見ずにタイトルや予告動画から「内容を妄想」して批判をする、という楽な形でデマを作った側が圧倒的に情報優位に立ってしまった。


恋は雨上がりのように」は「女子高生を食い物にする大人の話を映画にするのはいかがなモノか」論調が優勢、「万引き家族」は「万引きを美化する映画が日本を代表する作品になるなんて!」論調が優勢だ。


ここから下はネタバレ含むよ〜。









結論だけ先に言うならば「恋は雨上がりのように」は女子高生と大人の恋愛のゲスさを描いたものではなかった。
万引き家族」はそもそも、家族ですらない人らの話だ。しかも万引きが原因で警察の介入があり、関係性に亀裂が生じてエンディングを迎える。
「万引きを美化してる」なんてのは、どこにもなかった。


昔から、例えばスポーツ新聞の芸能記事の大半は妄想で書かれているのに、大衆が支持してエンターテイメントとして消費してきた。
なので昔からデマはエンターテイメントとして消費されてきた、という点は理解せねばならないけども。


でも今回のこの2作品に関しては度が過ぎるというか。
とりあえず見てから感想を言う、という当たり前の流れを理解してもらいたいところだけども。

各産業で必要な「IT知識がある一般人」の育成はやったほうが良いと思うよ。技術者は今までと同じ人数で足りるけど。

これ見て思ったんだけども。
www3.nhk.or.jp


ここで指してる「IT人材」の定義が分からんので何とも言えないけども、技術者は今のペースでも十分足りてると思う。
ただ、各産業、企業で必要なはずの「IT知識のある一般人」は確実に不足してる。


なぜなら、以前みたいに「SIerと各企業のシステム部門が企業内で使うITシステムを決定する」という形が死につつあるからだ。
例えば、経理部門でもっと効率の良いクラウドサービスを使いたい、とか、営業部門で最新のCRMを使いたい、となった時にシステム部門ではカバーできない上に、システム部門で一元管理するやり方だとスピードが出なくなってるからだ。


要するにSaaSと呼ばれるクラウドサービスを取捨選択して使いこなすには、各企業で「技術者ではないがIT知識がある」という人材が大量に必要だということ。


それら「IT知識のある一般人」の育成にお金は使っても良いんじゃないかな。
それが間接的にIT企業を育てていくだろう。

パルムドール受賞作「万引き家族」を見て松岡茉優さんに興味を持ったなら「勝手にふるえてろ」見たら、もっと彼女に興奮できると思うよ。

タイトルがほぼ全てだけども。
eiga.com

「その時からお芝居に対して『こうしたほうが効果的だ』など、固い考え方が私の中にめぐっていました。それの最終形態が『勝手にふるえてろ』です」と切り出し、「『万引き家族』では、ちょっとでも作為的な何かが出ると、1回もOKがでなかった。今までの経験は捨てるしかなく、“私”本体でいるとOKが出たんです。初めてでした」と振り返った。

おいおい、あれが「チャプター1」の最終形態かよ。。。


勝手にふるえてろ」で松岡茉優さんの演技は圧倒的すぎて、かなりの興奮モノなのだがそれが「前の私(松岡茉優さんの言うところの「チャプター1」)の最終形態」だと!


スクラップ&ビルド、という観点で考えるならば「万引き家族」の松岡茉優さんはそれの「チャプター2」初期版であって「チャプター1」の最終形態の「勝手にふるえてろ」がこれからの彼女が作り上げるところに「単なる1部品」として組み付けられる、という意味なら、更なる興奮でしかない。


万引き家族」見にいかなきゃー。

oculus Goで「コントローラが見つからない」というエラーが出た場合の対処方法。

使い始めて3日しか経ってないのに、ある日突然「コントローラが見つかりません」とか出て焦ったんでメモ。

  1. コントローラのバッテリーを抜く
  2. バッテリーを入れ直した後にコントローラ先端の「白いランプ」が点灯するのを確認。
  3. 戻るボタン(←)とOculusボタン(0)同時に長押し。


俺はこれで接続できた。

第43回(2018年)ホリプロタレントスカウトキャラバンの応募受付開始。完全非公開の上、応募方法は史上最多の3種類に。

ホリプロタレントスカウトキャラバンの応募受付が本日2018/05/15に開始されました。
www.horipro.co.jp


締切は以下の順で早いです。

  • 書類応募→2018/08/10(金)到着分まで(到着分、なので08/08(水)には発送したほうが無難です)
  • Web応募のメール→2018/08/10(金)23:59まで
  • Web応募のLINE→2018/08/12(日)23:59まで


Web応募は直前だと接続が不安定になったりする可能性もあるので前日までには応募完了しましょう。


すでに告知済みのように「合格した人以外は公表されない」形となり「応募して落ちた事を他人に知られるのが恥ずかしい!」という方も気軽に応募できる条件になりました。
それと、応募テーマが今回は特にないので「今年のテーマは私に合わない!」と敬遠していた方でも応募してみて損はないですね。


他、これまでのように「グランプリ1名が採用」という形ではないようです。
何らかの才能があるならば何人でも獲得したい!とホリプロ側が考えているのが今年の特徴。

応募方法の種類。

応募方法は以下の3種類(細かく分けると4種類)。

  • Web応募(LINE応募)
  • Web応募(メール応募)
  • 書類応募
  • 会場直接審査


ホリプロ側としては「気軽に参加できるWeb応募がオススメ」としています。

準備するもの

Web応募(LINE、メール)

  • 30秒程度の「自己紹介動画」
  • 30秒程度の「歌唱動画」
  • 2分以内の「自己PR動画」

書類応募(一番手間がかかります)

  • 応募用紙
  • 30秒程度の「自己紹介動画」
  • 30秒程度の「歌唱動画」
  • 2分以内の「自己PR動画」
  • 上記3種類の動画を入れたDVD
  • 応募用紙とDVDを一緒に郵送。

会場直接審査(日程が合わないと応募できない&一発勝負なのでハードル高め)

  • 自己紹介30秒
  • 歌唱(お好きな曲をアカペラで歌って頂きます)30秒
  • 自己PR2分以内

どの応募方法が有利?

こういうオーディションがあると「どの応募方法が有利なんだろう?」と皆様は考えると思うので、私なりに雑ですがアドバイスを。

本番に強い&一発でアピールできる特技がある

会場直接審査が良いと思います。
会場の一発勝負で勝てる!というなら、間違いなく直接見てもらえる機会を作るに越した事はありません。
ただ、想定外に緊張して失敗するリスクがかなりある事をお忘れなく!

初めてオーディションを受ける、何度かオーディションを受けたことがある。

Web応募、都合が合えば会場直接審査で他の応募者が何をしているのか見るのは今後の学びになるかもしれません。
ただ、会場直接審査だと想定外の緊張で凄い勢いで失敗する可能性があります!

応募しないと始まらない!

少しでも興味がある方、ほんの少しだけ勇気を出して応募してみてください!

SSWおじさんの記事を削除いたしました。

SSWおじさんの事を書いたブログですが、大石さんのファンの方を含め、批判を頂きましたので削除いたしました。
皆様それぞれのスタンスでファンを継続されれば良いかと思っております。


大変失礼いたしました。