O-Lab +Ossan Laboratory+

Ossanの研究所です。

[駄文]2020/01/19(日)早稲田大学「映画映像」映像制作実習作品上映会「形をとって」「ななめの食卓」「見えない糸」「ゆらめき」感想。

今年も行ってきました。
www.waseda.jp


今年は昨年まで会場だった大隈記念大講堂とは違って、井深大記念ホール。
いやぁ、ホールもトイレもロビーも暖かくて非常に助かりましたよ。。。(寒さがこたえるお年頃


しかも日曜日の開催!平日に仕事の午後半休を取って行ってた私には朗報!!
パンフレットも用意されてて、今後に早稲田松竹で上映会があるようなら、パンフレットの余りは是非とも配布いただきたいところ。
パンフレットには映像製作実習の講師陣からのコメント(是枝監督のコメントがもちろんあります)作品の概要、出演者、スタッフ、の作品への思いがシンプルながらも丁寧に記載されていて非常に良いです。


今年は4作品。
脚本のレベルが高い年になった、というか、企画段階で「これを作品にしたい」と立脚点に置いた、その視点が非常に(良い意味で)学生っぽくない作品が多かったのが今年の特徴でしょうか。
スタッフとして参加した学生も「これに関わりたい」とやってるわけなので、他の学生さんの視点もそのような位置だったのだな、と思うと凄みと頼もしさを感じます。


とはいえ、悪く言うと、優等生過ぎてなぁ。。。もうちょっと冒険が欲しいですかね。。。とか、私のようなオッサンは思いますが、いや、それでも非常に作品は良いのです。

「形をとって」

この2〜3年、なんとなく多い作品のテーマである「ジェンダー」「LGBT」視点の作品。
というのもあって、小規模映画をよく観る人には「既視感」がどうしてもある、というか「あぁ、最近流行りですよね」と見られがちかもしれません。
そういう意味では「流行り」であり、さらに悪口を言いたい人らがインディーズ的な観点から「流行りに乗るにしても3年遅い」と言ってくるかもしれません。


しかしながら、私としては逆に一過性の「流行り」にしないためにも、このテーマはこうして色々と継続して新しい作品が出るべきだとも思うのです。


私がたまたま観た、矢崎仁司監督の「風たちの午後」と登場人物の関係性は近しいですが、この作品の女性は真正面から思いを伝えたのでした。
そこもまた、今の時代だからこそなのかもしれません。


映画としては、何かブツブツと切れる感じと役者の方々のやりとりが常にどこか「早送り」感があって「なんでそこの会話に間がないのだ。。。」と思ったり。
彼氏が来た後に部屋をソロっと出て行ったけど、傘を投げてるのか投げてないのかわからん感じとか、うーん。


どういう感情になっていて、何をどう表現したかったのか、あたりをあのシーンはもうちょっと何かなかったですかね。。。
他、登場人物の女性二人は最初から常にぎこちなくて、二人の関係性が「ぎこちない」のを表現したかったのか、それとも役者の力量不足で「演技がぎこちない」のかが判然としなかったのも残念ではあります。


あとはエンディングテーマの曲調が作品と全く合ってなくて(歌詞は合ってると思います)そこは誰かがちゃんと指摘してあげたほうが良かったのではないかと。


それとフィルム感のある映像は、主人公の彼女がフィルムカメラを愛用してるから、という演出でしょうか。
そういう「味」のある映像演出は今回の4作品の中で一番私は好きでした。


主人公がカメラのファインダーから覗いた、愛する彼女、の映像がちょっと欲しかったかも。。。
きっとカメラのファインダーから見る、その瞬間しか、主人公は彼女を正視できなかったのだろうから。


そういう意味では、この作品に付け足して欲しいのは好きな人を見つめる時の「恋心」でしょうか。
回想シーン、私はあそこでちょっと泣いたので、入れ方は良かったと思います!(上映後のトークで色々と話が出てたので、一応)

「ななめの食卓」

今年の作品で私が一番好きだったのは、これ!
いやもうすごい。スゴい!スゴい!スゴい!スゴい!スゴい!スゴい!スゴい!スゴい!スゴい!スゴい!スゴい!スゴい!
というのが正直な感想。


「こういう家族が世の中にあるだろうな」と、脚本を書いた方が想像した事がもはや、すでに、すごい!のです。
上映が始まって数秒で「うおおおおおおおお!この関係性を描くかああああああああああああ!」と唸りました。
と、同時に「むむ、学生さんがなぜこの視点を持てたのか。。。」と謎が謎を呼んだのでありました。


よほど、日頃から「人」を見つめていないと思いつかない題材に思うのです。
なので、上映後トークで「繊細」と是枝さんが表現したのは、その「見つめる視点」だと私は解釈しました。


作中の二人だけの家族が、彼女を失っても、すぐに「家族」としての形を失わなかった、その納得感も役者さん達の演技にあって。
冷蔵庫にメモが貼られてないって撮影後に気づいた話(笑)も完璧に結果オーライになるように作り上げてて「修理に来るから冷蔵庫をとりあえず綺麗にしてた」の流れに置けるのは現場の必死さが作り出した極上の演出でしょう。


メモとカレー。
カレーは食べられなかった、メモはもちろん捨てられなかった。
そうだよな、と思う。


前と変わらない椅子に座ってる。そしたら斜めになってた。
そうだよな、と思う。


「そうだよな」と観てる側に作品を通して納得させる事が出来る、というのは、とても難しいことだと思う。
それにも関わらず「そうだよな」がこの作品には沢山あった。


それは例えば、クーラーボックスをご近所さんに借りてくる「間」も含めて。
ご近所さんに突然「冷蔵庫壊れちゃって、ちょっとの間だけクーラーボックスお借りできませんか?」とお願いに行って、戻ってくるのって、そうだよね、これくらいの時間だよな、っていう。
全部「そうだよな」なのであった。


冷蔵庫の中から、メモを見つけた時、そして、カレーを食べる前に彼女が「おかあさん」と呼んだように聞こえた時。
素晴らしかったです。泣きました。
高間さんの演技が素晴らしくて。好きだなぁ。。。


本当に素晴らしい視点、そして、完成度の高い作品、です。

「見えない糸」

「社会派」と言われる作品になりましょうか。
この作品に流れる重いテーマの中、若い監督さんや脚本家が軽率にやりがちな「突然、登場人物が感情を爆発させる」みたいなのもなく。
この家族は、長い時間をかけて冷静にバランスを取るプロセスがあったのだろう、と感じさせる。


作品を撮っている間、よく若い学生さんたちは耐えられたな、とすら思う。
心が重くなって体調崩したりしなかったのかしら、と思うくらいに。
この作品も「ななめの食卓」と同じく、学生という若い立場でこの視点を持ったという部分でのスゴさを感じたのでした。


家族の日常がじわじわと「ほどけていく」という感じの描き方が「崩壊」とは違う、切ない悲しみを伴う。


そして、極めて素晴らしいと思ったのが、
「どうして私たちだったんでしょうね」というセリフだろうか。
これを脚本として、セリフに絞り出せたのは強烈だなと。


作中に描かれている、家族も、無罪となった彼も、誰も間違っていなくて。


最後に父はチラシを持って出た後、再び配り始めたのか、それとも配らなかったのか。
そこは描かれなかったけども、どちらでもないような終わり方となったのは作品としては正しいのではないかと思う。


私は、配らずに家族の元へ帰ったのだろう、と想像したけども。
さてどうだったのだろうか。

「ゆらめき」

もやもやするけど、爽やか!
観てる側は部屋を出たタイミングがよくわからんまま「え、いつの間に外に?」とか、なんでコインランドリーの「外」に座ってんの?、とか(普通、中で寒さしのぐんちゃうんか)とか違和感がすごいよ!
とか思いますが、爽やか!もうそれだけでいい!


個人的には「あぁ、これぞ学生さんが作る映画。。。色々と雑で、どこかファンタジー感がある現実世界、、、良い。。。」とか思って楽しませて頂きました。


夜中の公園で出会った自転車に乗った女性、なんて、コインランドリーで洗濯物を抱えて出てきた彼よりも怪しいよ!やばいよ!
なんでついて行くのおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!とか思いましたけど、ま、いいや。


なんかでも、冬の寒さのような感じが伝わって来なかったなぁ。。。
昨年の「もぐら」なんて、空気の冷たさが手に取るように伝わってきていたのに。
それに、山の上から見る街のきらめきも「もぐら」の車の中から輝いて見えてしまっていた街の風景よりも、きらめきが無くて。


コインランドリーから出てきた彼は何となく、どんな人か分かるから、まぁ良いとして。
公園で出会った女性、どんな人なのか、ちょっと描かれて無さ過ぎないかい。。。


うん、もうちょい。


どちらかというと、主人公を演じた小向なるさんの顔面の可愛さで全部どうにかなってる感がなきにしもあらず。

ホリプロタレントスカウトキャラバン2013年のファイナリスト木村友紀さん見つけた。

相変わらずめちゃくちゃ可愛い。
舞台出演とかされてるっぽいけど。。。どっかで会えないかなぁ。

とりあえずメモ。
amity-pro.com

石原さとみファンサイト「里[sa-to]」の掲示板機能を全停止させました

ゴミみたいな自動宣伝書き込みしかなかったんで全停止しました。
どっかのレンタル掲示板とか埋め込んでみようかなぁとか思ってます。
需要あるか知らんけどw

WF-1000XM3で使えなかったイヤーピース。FSCの。

メモとして。
安かったんで、サイズも許容範囲に見えたんで買ってみたけどダメだったやつ。


こちらの二つはSMLサイズどれもダメだった。
WF-1000XM3にセットは出来るし着け心地、遮音性も悪くないんだけども、ケースに入れる時に干渉して浮いてしまって蓋が閉まらない。

FSC 低反発 ウレタン製 イヤーピース 6個入り (S/M/Lサイズ)

FSC 低反発 ウレタン製 イヤーピース 6個入り (S/M/Lサイズ)

  • 出版社/メーカー: FSC
  • メディア: エレクトロニクス


安いやつで良さげなのを順次試して行ってみたい。

第43回(2018年(昨年))ホリプロタレントスカウトキャラバンの結果が「821(アイドルユニット)」登場で全員出揃ったみたいですよ。で、821をどう思うかという話。

今年(2019年)のホリプロタレントスカウトキャラバンは現時点(2019/12/01)では実施されてないので、昨年のファイナリストの方々のお話しです。


というわけで、ようやっと出揃いました。
この後にもホリプロさん系列の別会社(ホリエージェンシーさんとかブースさんとか)にファイナリストの方が入ってくるかもしれませんが、もうそれは後々にチェックという事で。


昨年(2018年)に書いたブログで、すでに活動を開始してる方は2名書いてた。

赤澤巴菜乃さん
www.horipro.co.jp

山田夏音さん
www.horipro.co.jp

ossan.hatenablog.com


そこに今回追加で「821」ってアイドルユニットに5名。

AO(アオ)2007.02.07
KANNA(カンナ)2004.03.25
REIA(レイア)2005.02.08
YURINA(ユリナ)2005.11.08
RIKO(リコ)2006.09.29
821honey.com


合計7名!採用しまくり!


821メンバーさんたちの生年月日を見る限り、中高生ユニットですんで、2〜3年やってダメだったらアイドルやめて他のことをやりましょうか、って流れにするには丁度良い年齢の方々だと思います。
ホリプロさんの事なので、この5人を主演にした青春甘々超甘々超超甘々超超超甘々超超超超甘々超超超超超甘々超超超超超超ゲロ甘々甘々映画とかも、きっと作れる、に違いない。
どっかの別事務所のアイドルユニットが昔「アンド○メディア」とかっていう映画とかやってましたし、えぇ、ホリプロさんの機動力と資金力を持ってすればやれる事はたくさんあります。やれない事なんて何もない。


しかしながら、ホリプロさんを常日頃から見ている多くのホリプロファン(私を含め)の共通認識として。
とりわけ、アイドルが大人数ユニット時代に入ったあたりからのホリプロさん、基本的にはアイドル運営は大失敗というか大爆死というか凄い勢いで大きなお金が親指立てて溶鉱炉に沈んでいく風景を涙をこらえながら見つめるのが恒例になっておりますので、是非ともここらあたりでそこそこ売れましたね、レッスン代くらいは元が取れて良かったですね、レベルには持って行って頂けるよう切に願っております。


それにしても、ミスマリも上手くいかなったし、どうすんでしょうか。
ファントミラージュあたりのやり方を真似て、ダンスしながらヒーローモノとかやらないと時代に追いつけないかもしれない、知らんけど。
とりあえず!がんばって!821のメンバーさん!


あ、写真を見た限りでおいらの好みは、
REIA(レイア)さん、RIKO(リコ)さんです。
www.instagram.com
www.instagram.com

WF-1000XM3を使用して半月経った感想、遮音性向上でコンプライTG-200使った感想。

8月頭に到着して半月経ったので感想。

遮音性

標準のイヤーチップだと遮音性があまり高くない。
というか、そもそも音を出す箇所の直径が大きく、遮音するイヤーチップの厚みが全く足りてないと思う。
Shureの半分すらイヤーチップの厚みがない。これでは遮音できないのでは。


ノイズキャンセリングを発動させても、遮音性がShureよりも落ちる感じ。
ただ完全ワイヤレスではここまでの遮音性があるものが、これまでなかったかなと思う。


なので、完全ワイヤレスで高い遮音性が欲しいならWF-1000XM3を買うのは無難な選択。


音楽を流したりすれば外音が気にならなくなるので、そのあたりは上手く使いこなすしかない感じ。
いろんなメディアのレビュー記事みたいに完璧な製品ではないです。メディア記事は盛りすぎ。

装着感

正直言って重いです。
他の完全ワイヤレスよりサイズが大きいからか重量感が耳にあります。
ちょっと耳がどんより疲れる感触は慣れるまである感じ。
耳が小さい方は男女問わず、その重量感がかなりきついと思います。


絶対的な重量は他の完全ワイヤレスと大差がないかもしれませんが、クリップを廃したりした結果、耳穴周辺への負荷が大きいと感じます。
私は慣れましたが慣れる以前の問題の方もいらっしゃると思うので可能ならば試着されたほうが良いと思います。

諸々改善のため、イヤーチップをTG-200に交換

コンプライのTG-200が無難です。
遮音性が向上するのと、私は耳穴への負荷が軽減されました。
ケースにも干渉する事なくスッと入ります。


まだ半月程度なので、どれくらいでヘタってくるかだけが心配ではあるけども。
私が使うペースだと1年くらいは問題なく使えるかもしれん。
Lサイズを使用してます。AmazonではLサイズなかなか入荷しないですね。




充電とか電池の持ちとか

ほぼカタログ値どおりで問題なし。
USB-Cの刺さり具合がなんか硬い、、、気がするけど。

デザイン

本体のデザインは文句なしに良い。この商品の一番の価値はデザインだろう。
ケースもUSB接続のコネクタがダサいが、それ以外は非常に良い。
ケースに入れる時にマグネットでスポっと引き込んでくれるのは楽しいギミックだと思う。

Motion Galleryの支払方法に銀行振込、コンビニ支払があるって知らんかったわ。

以前はクレジット支払のみだった気がするんだが、知らん間に「銀行振込」「コンビニ支払」が選択肢に追加されてました。
いつからなのかは知らんけど。。。

クレジット
f:id:dbfireball:20190706154512p:plain

銀行振込
f:id:dbfireball:20190706154525p:plain

コンビニ支払
f:id:dbfireball:20190706154540p:plain


でも「特定商取引法の表記」には

motion-gallery.net
支払い方法
ソフトバンク・ペイメント・サービスの提供する決済システムを利用しており、クレジットカードによる支払いとなっております。

って、クレジットカードでの支払しか記載がないので修正必要なんじゃないかな、これ。


プロジェクトによっては、クレジットカードのみ、とかあるかもしれないので事前にご確認くださいませ。